[ノースフェイス/アンタークティカパーカ]ニュートープを買った後にブラックを買い直した理由

今シーズン初めて、アンタークティカパーカを購入してみました。

ノースフェイスの中でも高価な部類なのでどういったものか気になった、というのが正直なところです。

サイズ感や外観等のレビューは下記記事より。

[レビュー]ノースフェイス アンタークティカパーカのサイズ感と詳細サイズについて

2019年12月6日

さて、上記記事にあるように、私は2019秋冬シーズンカラーであるNT(ニュートープ)を購入しました。

この色味が良いと思っていたこともあるし、あるいは黒ならいつでも買えるかな、と思っていたところもあります。

届いた直後はニュートープの色味が非常に良く、気に入ってはいたのですが、何回か着ているうちに、「黒が欲しいな」と思うようになってしまいました

そして結果として買いなおしました。

ブラックボディに同色ロゴが映えます。

本記事ではその考えに至った経緯/理由を述べていきたいと思います。

理由は大きく分けて3つあります。

理由① ロング丈であること

この言葉だけだと???って感じかもしれませんが、簡潔にまとめるとこうなりました。

つまり、バルトロのようにショート丈だったらよかったのですが、アンタークティカパーカのようなロング丈(厳密にはミディアム丈)の場合、個人的にニュートープはちょっと違うなと思ったわけです。

もっと具体的に言えば、ロング丈コートでフードつきで、ファーもついていて、そして色はニュートープのような色(カーキ/オリーブ)って何か思い浮かびませんか?

そうです、モッズコートです。

どうにもこうにも、ニュートープを選んでしまうと、そこらにありがちなモッズコートの印象が強くなってしまったんです。

モッズコートが嫌いなわけではなく、むしろ好きな方ではあります。

好きだからこそ今まで最高の逸品に出会っていなく、所有していません。

つまり、自分が理想とするモッズコートというイメージがあるのに、モッズコートに近くなってしまう印象のアンタークティカパーカはちょっと着られないな、、、と思ってしまったということです。

自分の理想はやっぱり下記のようなミリタリーもの。

逆に言えば、これがショート丈だったら気にしなかった事柄と言えるでしょう。

あとはメンズはあまりいませんが、レディースだとファー付きのロング丈コートって多いですよね?

秋冬は街中に似たコートが増えそうだというのも理由の一つです。

理由② ワードローブとの相性

これは分かりやすい理由かと思います。

当然ながら、ニュートープがいくらいい色味といえど、黒の万能さには勝てません

黒のアウターをたくさん所有しているなら黒以外でいいのでしょうが、そうでなければやっぱり黒は安定です。

特に私の場合、インナーに着るシャツやらニットやらは色物/柄物を好むので尚更です。

また、丈も長いのでパンツもけっこう選びます

私とは逆に、ダークトーンや無地モノが多い人であればニュートープは良い選択肢になると思います。

つまり個人的理由で、インナー/パンツ選びの幅がぐんと広がる黒に軍配が上がりました。

理由③ ニュートープという色の選択肢の多さ

ニュートープは間違いなく良い色です。

上記の黒ほどではありませんが使いやすいカラーですし、決して主張するような派手なものでもありません。

しかしそんな便利なカラーであり、王道カラーであることが結果として私が手放す理由となりました。

どういうことかというと、ニュートープという色味自体は、真新しいものではなく、いわゆるコート類では珍しいカラーではありません

裏を返せば、こういった王道カラーでは他にもたくさん選択肢が出てきてしまうということに他なりません。

簡単に言えば、「この色だったら他ブランドでもっといいのあるかも?」と思えてしまうということです。

これは王道カラーであればあるほど考えてしまう事柄であり、更に値段にも比例してくると思います。

例えばアンタークティカパーカが5万円を切る価格帯であればこの考えには至らなかったでしょう。

しかし、80000円強と高価なことから、同価格で買える選択肢はかなり広がってしまいます

有名どころでいえば、カナダグースやデサント(水沢ダウン)だって視野に入れられる値段です。

黒のアウターはいくつもっていてもいいですが、カーキという王道だけどちょっと主張があるカラーは慎重に選びたいなと思ってしまった次第です。

まとめ

うまく説明できているような気がしないので再度シンプルにまとめます。

アンタークティカパーカのニュートープを買った私は、何回か着た後にやっぱりブラックが良い!となり、ブラックを買い直しました。

その理由は3つ。

①ファー付きでロング丈なので、ニュートープだとモッズコートっぽい。モッズコートならもっともっとこだわって買いたいと思ったから。

②コート自体に存在感があるので、ニュートープよりブラックをの方が普段のワードローブに馴染みやすいと思ったから。

③ニュートープの色味自体は珍しいものではなく、また、アイテム自体高価なものなので他の選択肢を考えたいと思ったから。

各々によって考え方は違うでしょうが、私はこういった理由からブラックを今所有しています。

結果として、大満足しています。

やはり「商品単体で見る」のと「自分のワードローブに加えてから見る」のでは全く違いますね。