[ノースフェイス2020S/S]デニム素材のマウンテンライトジャケットはマストバイか?

ノースフェイスのマウンテンライトジャケットといえば、当ブランドの中でも人気アイテムの一つと言えるでしょう。

軽やかな着心地と、春/秋、着方次第では冬まで使える利便性を兼ね備えています。

比較的安価なのも魅力かもしれません。

そんなマウンテンライトジャケットは、毎シーズンリリースされる定番アイテムではありますが、2020 S/S(春夏)シーズンに、デニム素材でリリースされることが判明しました。

同モデルにおいては、今までには全くなかった素材感。

良い方向に転ぶか、あるいは逆か分かりませんが、話題の一品にはなりそうです。

マウンテンライトジャケットの概要

まずは定番のマウンテンライトジャケットについておさらいしましょう。

レビューはこちらにあります。

[レビュー]ノースフェイス マウンテンライトジャケットのサイズ感と詳細サイズについて

2019年9月4日

ノースフェイスは、バルトロライトやマウンテンジャケット、アンタークティカパーカ等々は、サイズXS(あるいはその下のXXS)からの展開ですが、こちらはSサイズからの展開です。

逆にユニセックス扱いではなく、レディースモデルも存在しています。

したがって、メンズSサイズでも大きく感じる人は、レディースモデルを買う選択肢もあるでしょう。

今回のデニムモデルに限ってはどういった展開になるかは不明ですが、少なくともシルエット等々は変わらないと思われます。

ちなみに下記は2020年新作のマウンテンライトジャケットです。

カラー/価格と品番

デニムとはいえ、ガッツリデニムというわけではなさそうです。

というのも、今のところのカラー名は「ナイロンインディゴデニム」。

単名のデニムではなく、ナイロンという名称がついているのがちょっと気になります。

そして価格が45000円に+税で49500円、品番がNP12032とされています。

これまでのマウンテンライトジャケットは36000円+税だったので、約1万円高いということになります。

マウンテンライトといえば、アンダー40000円で比較的手頃に買えるものでしたが、5万円となるとなかなか簡単には買えない価格帯かもしれません。

ただ、1万円値上がり分、デニムのクオリティが高ければ当然文句はありませんが、、、

発売日はいつ?

前述しましたが、2020SSシーズンにリリースされることは判明しましたが、1月時点ではまだ具体的は発売日は分かっていません。

しかしながら、1月16日に札幌スポーツ館 楽天市場店にて発売されていました。

おそらくもっとも早い発売だったと思われます。

このとき、納期が2月となっていたので、2月発売が濃厚です。

ゴールドウイン公式サイトや楽天市場はこまめにチェックする必要がありそうです。

ただし、上記リンクや下記リンクのように、2020SSシーズンの定番マウンテンライト(NP11834)は1月17日時点で発売していたので、もしかするともうちょっと早いかも?

買うべきか否か

個人的な意見を言わせてもらうなら、買うべきと思います。

理由は色々あるのですが、まず希少性という点だけでも買うに値するのかなと思います。

マウンテンライトでは初のデニムだし、あるいは当モデルを除いたとしてもデニム素材はノースフェイスとしては、あるいはアウトドアブランドとしては珍しい部類。

そしてそもそもデニムって素晴らしい素材だし、着れば着るほどアジになるものです。

ノースフェイスなんて街中を歩けば被りに被りますが、素材でいえばほぼ被らなそう。

そして、春先にデニムのアウターって素敵だと思います。

値段さえ許せば、そしてデニムが下手な素材感でなければ、個人的にはマストバイに当たるアイテムかなと思います。

まとめ

2020春夏シーズンにマウンテンライトジャケットのデニム素材が発売されます。

価格は品番は49500円、品番はNP12032。

予想される発売時期は2020年2月頃。